ピーターラビット&花火(冬)

Poppin Games エディトリアルチームPoppin Games エディトリアルチーム 2018年10月30日12時22分29秒

第2開発チームのアートディレクターの、水野です。 

11月の季節行事を、すぐにあげられる方は、多くはないと思います。

しかし、とある行事がありました。

ガイ・フォークス・ナイト
イギリスの風習。11月5日に行われる。子供たちが花火をならし、かがり火をたく風習がある。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2016年11月5日 (土) 10:26 (UTC)

 


↑は、弊チームのアプリの、11月イベントです

『ピーターラビット〜小さな村の探しもの〜』

画面下部のお題を、画面から見つけてタップするゲームです。

なぜ冒頭で、ガイ・フォークス・ナイトを取り上げたのかというと、見出しの通りです。

イベント詳細はまだですが、企画&デザインの経緯を、少し記します。

 

企画当初は、これは実現できないと思ってました。

なぜなら、本行事とピーターとでは、ミスマッチが多いと自分は感じたからです。

しかし本行事の発案者は、逆にそれらが良いとのこと。

 

発案者「ピーターが、炎の十字架を掲げるんですよ!!」
(なぜか添付される、某集団を思い出させる画像)

どういうことか興味ある方へのオススメは、画像検索。

その結果を抜き出すと、

 

・燃える十字架

・仮面の集団

・松明を持った人々の行進

・ガイ人形(燃やされる)

※一応、検索結果に  [興味ある方は、ココを選択]

 

ちなみに企画当時は、デザインは未着手でした。

なぜなら、企画を採用するには、あるものが必要だからです。

それは、ピーターラビットの権利元の承認です。

 

代案はなかったので、企画方針だけを監修担当者にメールで伝えました (ひとまず燃える十字架等は保留)。

送信ボタンを押し、20分後。

 

トーマス「Yes OK.」

 

最初から、無理だと決めつけるものではないなぁ、という教訓でした。

 


彩色画を、少し公開

監修承認が出次第、制作した画像の一部が、↑です。

ピーターユーザーライクな雰囲気だけでも感じ取ってもらえれば幸いです。

(少なくとも、検索結果よりかは……)

 

ちなみに下書き段階での、監修返答は以下でした。

・燃える十字架→NG ・キャラが松明を持つ→NG ・ガイ人形→NG

・キャンプファイヤー→OK  ・花火→OK

 

動物たちには、松明の代わりにリンゴ飴を持たせてます。

アレンジって、大事ですね。

かくして、イギリスの歴史的に由緒正しい催事と、ピーターラビットとのコラボとなります。

 

-完-

 


余談

イギリスでのガイ・フォークス・ナイトの開催は、11月5日。

今すぐに、海を越えてみてはどうでしょうか。

無理と思っても(部分的になら)なんとかなるかもです。

 

しかし、もう開催日を過ぎてるなら……

本アプリのイベント『ガイ・フォークス・ナイト』をどうぞ。

 

開始予定:2018年の11月初旬〜中旬

期間:約半月

そもそものアプリ『ピーターラビット〜小さな村の探しもの〜』の、ダウンロードは以下から。
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/peter-rabbit-hidden-world/id1351208637?mt=8
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.poppin_games.peterrabbit_hog&hl=ja

 

ゲーム公式SNSもよろしくお願いします。
Twitter:https://twitter.com/PeterRabbit_hog?lang=ja
Facebook:https://www.facebook.com/peterrabbithog/

CONTACT

お問い合わせ内容をご確認の上、該当のお問合せ先までご連絡ください。



各Appのカスタマーサポ-ト窓口はこちら一覧ページへ

※メールフォームが立ち上がらない場合は、下記メールアドレスまでご連絡ください。
ゲーム・アプリ事業部宛: business@poppin-games.com
コンテンツ事業部宛:content@poppin-games.com
広告/プロモーションのご提案 : pr@poppin-games.com
採用関係 : recruit@poppin-games.com

© Poppin Games Japan Co., Ltd. All rights reserved.